胆道閉鎖症の疑い2005/07/01 01:50

4月の中頃から少しお腹が張り始め、腸内ガスなどが原因だろうと言われてきたのですが、その頃から便も手足も白っぽい感じがありました。 一時期から少し落ち着いてきましたが、まだお腹は凹んでいるわけではないので、怪しいなぁ…と思いながら先生の判断にお任せしていました。
そんな状態が続いていたので、前々から相方が指摘していた「便が白っぽい」とか「手足が白すぎるんじゃないか」とかっていうのをようやく先生がまずいと感じたのか、先週から採血から始まり、便潜血だのシンチグラフィだのゾンデだの、色々検査してきました。

結果はまだはっきりしていませんが、胆道閉鎖症の疑いが出てきました。

始めは便潜血が認められ、採血では直BILや間BIL、ALPやLAP等の数値も高く、肝臓にもずいぶん負担が掛かっているらしい結果が出ていました。
今週に入ってから、シンチグラフィを撮って、胆汁の分泌がほぼないように見えていました。
で、昨日から十二指腸ゾンデをやっていますが、詳細結果は明日のお昼ぐらいにならないと判らないらしい…。

胆道閉鎖症や胆道拡張症なら、早々にOpが必要になります。 早いうちに手を打たないと、肝硬変を引き起こして肝移植をしなければならなくなります。

でも、胆道閉鎖症を診断する一つの指標として使われるリポプロテインXの値が陰性だったので、判断が難しい状況になったようです。

NICU内のDr達の間では、開腹して確認し問題があれば即時葛西Opを行うか、このまま様子を見るかで意見が分かれている様子…新生児肝炎とか、Opしなくてもいい結果が出てほしい…。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://pegasus.asablo.jp/blog/2005/07/01/27288/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。